<2022年3月18日(金) リリース>

 

2021 Aya Rouge 綾ルージュ 
(赤ワイン/辛口/750ml/アルコール度数1 0 %)

 

メルロ単体と、藤みのりをベースとした混醸の2種類を、個別に仕込んだ。
原料は全て除梗をおこない、野生酵母による自然発酵で、1週間、27 °C前後で発酵させた。

 

発酵終了から約3週間の浸漬の後、バスケットプレスで圧搾し、2種類のベースを全量ブレンド。ステンレスタンクでの熟成中に自然の重力による澱引きを2回行い、瓶詰。

 


外観は 黒みのはっきりした濃い紫色のルビー。
コショウのスパーシーな香りやカシスなどの赤系のベリーの風味がひろがり、香月ワイン特有のジューシーな飲み心地。

柔らかなタンニンとほどよい酸味が口の中を満たしてくれる。余韻は 長く 、スッキリとしたフィニッシュ。


【産地】宮崎県綾町
【ブドウ品種】メルロ(64%)、藤みのり(17%)、レゲント(16%)他
【保管推奨温度】 12 °C
【飲み頃温度】 15 °C ~ 18 °C
【生産量】 600本

2021 Aya Rouge

¥7,000価格
  • 2021年は3月中旬に例年通り発芽が始まった。新芽がしっかりと育つ4月下旬まで、サルハムシやコガネムシが、新梢を狙って集まってくる。いつもながら、一匹一匹手で捕獲する作業で大忙しであった。

    天候はこれといった異常もなく、5月上旬に開花が始まり、中旬には結果が進んでいく。5月下旬には南九州は梅雨入りするが雨はそれほど多くはなかった。

    6月になると、今度はコガネムシがブドウの葉を狙って集まってくる。6月下旬までコガネムシの捕獲に明け暮れる。

    7月は、ぶどうの糖度が上がっていくベレーゾンの時期へ入っていく。この時期は、ブドウを狙っていろいろな虫たちが集まってくる。ブドウに卵を産み付け、孵化した幼虫がブドウを食べて成長していくのだ。ここから収穫の直前までは、ひたすら幼虫を見つけては取り除き、ダメージを受けた房を粒単位で一粒一粒、切除していく。
    7月中旬に梅雨明けの知らせが入ったが、まだまだ微妙な天気は続いていた。

    8月上旬収穫スタート、梅雨明けではあるが雨は降ったり止んだりが続いていた。
    晴れ間のタイミングを狙っては少しずつ収穫を始めるが、まとまった晴れ間が続かず、ブドウにカビ病が目立ち始める。
    本格的に収穫が始まる中旬でもなお、降り続く猛烈な雨のため、最善の収穫のタイミングがなかなか見つけられず非常に悩ましい月であった。


    収穫直前に長雨が続いたことで、ブドウは例年の半分ほどしか収穫できず大変厳しい結果となった。醸造においては、例年の倍以上の時間を掛けて厳しい選果をおこない、健全なブドウのみを使用。
    厳しい状況の中でも素晴らしいワインに仕上げることができた。
     

    2021年は、今後も続くであろう、予測できない気象の中でのブドウ栽培に大きな課題を残すシーズンであったが、この最悪の状況の中での気付きも多く、ワイナリーとして成長できた年であった。


    今後も皆さんに喜んでいただけるワインができるよう、日々ワイン造りに励みたいと思っている。