About

香月ワインズは宮崎県綾町にある、小量生産の手造りナチュラルワインに力を入れる、家族経営のワイナリーです。香月克公(カツキ ヨシタダ)は、ニュージーランドとドイツで10年間ワイン醸造を学び、そこで経験した家族やコミュニティーを基本としたワイン造りを、地元宮崎県で挑戦すると決意し帰国しました。自ら宮崎の困難な気候に合うであろうワイン用ブドウ品種を選択し、個人で輸入を行いました。奇跡のリンゴで知られる木村秋則氏に感銘を受け、2013年に化学肥料、殺虫剤、除草剤を一切使わない持続可能なブドウ栽培を始めました。日本の食用ブドウ栽培のテクニックをヨーロッパのワイン用品種に適合させ、今までこの地域では不可能だと思われていたワイン用品種の無農薬栽培を行っています。

Located in Aya, Miyazaki, Katsuki Wines is a boutique family-run winery focused on creating small production, handmade natural wines. After over a decade in New Zealand and Germany making and studying wine, Yoshitada Katsuki returned to his native Miyazaki to pursue the family- and community- based winemaking he experienced abroad.  He hand-selected and personally imported a diverse lineup of varieties suited to Miyazaki’s challenging climate, and, inspired by Akinori Kimura’s “Miracle Apples,” began completely pesticide, herbicide, and chemical fertilizer free sustainable grape production in 2013.  Adapting Japanese table grape growing techniques to European wine grape varieties, Yoshi grows quality organic wine grapes previously thought impossible for the region.

Aya Town・綾町について

綾町には、縄文時代(紀元前14,000年 – 紀元前400年)から人々が暮らしていたと云われていますが、平安時代(西暦967年)に最初に「亜椰駅(あやえき)」が記されています。近年は、「日本で最も美しい村」、「名水100選」、「日本一星の見える町」、農業の取り組みなど、多くの表彰を受けています。綾町は1988年に全国初となる「自然生態系農業の推進に関する条例」を制定しました。綾町の照葉樹林は日本最大級です。地域社会と自然環境との持続可能な共生を築いていくこの町の取り組みは、結果として2012年に生物圏保護区(名称:ユネスコエコパーク)に登録されました。

While people have inhabited Aya since the Jomon Period (14,000 BC to 400 BC), the first mentions of Aya date back to 967 AD in the Heian Period. In modern times, it has received recognition as one of the "Most Beautiful Villages in Japan," in addition to awards for its clean water, beautiful night skies, and agricultural initiatives. It was the first town in Japan to create an ordinance aimed at promoting organic farming, introduced in 1988. Aya harbors one of the country’s largest remaining lucidophyllous forests. The town’s unique approach to creating a sustainable local community in harmony with the natural environment led to the area being registered as a UNESCO Biosphere Reserve in 2012.

Viticulture・ブドウ栽培

錦原台地に広がる香月ワインズの3区画のブドウ畑の土壌は、黒ボク土で構成されており、シャルドネ、メルロー、ピノグリ、ゲヴェルツトラミネール、ブラックオリンピアなどの品種を栽培しています。農薬、除草剤、化学肥料を一切使用しない畑で、多様な野花、野草、ハーブなどの下草を育て、可能な限り自然生態系を維持する農法に取り組んでいます。

Katsuki Wines and three vineyard sites sit atop Nishikibaru Plateau on soil of volcanic ash, known as Andosols, with plantings of Chardonnay, Merlot, Pinot Gris, Gewurztraminer, and Black Olympia, among others.  We use no pesticides, herbicides, or chemical fertilizers, and work to maintain as natural an ecosystem as possible, allowing native flowers, grasses, and herbs to grow beneath the vines.

Winemakingワイン造り

​収穫から、除梗、圧搾、瓶詰は、すべて手作業で行なっています。最高の品質を確保するために、異物や、劣化したブドウの選果を丁寧におこないます。発酵は、ブドウの皮や空気中に存在している野生酵母を使用しています。ワインの浄化作業は、濾過機を使用することなく、自然な重力で澱を沈殿させていき、クリアになったワインの上澄みをとっていきます。この作業を4~5回繰り返し瓶詰めとなります。酸化防止剤、浄化剤は使用していません。2017年ヴィンテージは、ステンレスタンクを使用して仕込みました。

From the harvest to crushing, pressing to bottling, we like to do things by hand. Before crushing, we carefully sort and remove any foreign matter and damaged fruit to ensure the best quality. Our wine is made using wild yeast in the air and on the skins of the fruit. We use gravity in place of filters to clarify our wine, racking the wine four to five times before bottling. We generally avoid the use of sulfites and stabilizers. For our first vintage, we used stainless steel tanks for fermentation and aging.